オタクはソレを我慢できない

CD、映画、小説、漫画の感想など、マイペースにやっていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「夏も近づく八十八夜~♪」でちらっと言ってたCDをレビューします

さあさあ。
落穂ひろいシリーズ第2弾いきますよ

今回は、1発目に落穂った記事からだいぶ飛んで2008年07月08日のエントリ。

今見直してみたんですが、主に言ってることを要約すると





「夏は暑いからクソ」

「阿波踊りの練習の音がうるさくてクソ」

「さっさとエアコン使いたい」






…というように、音楽とはおよそ関係のない内容だったのですが
最後の最後でまたしてもやらかしてましたよ、こいつは。↓




>そうそう、以前取り上げた1500円の紙ジャケ、バイト代入ったので
>何枚か購入しました。全部ライブ盤ですけどね(苦笑)
>また今度、取り上げたいと思います。











(苦笑)














(苦笑)
じゃねええええええええええええええよおおおおおおおおおおおおおお





(カラ苦タ・ショウ)かっっっっつうううううううううう!!!!!!!!











ふうう…

じゃあいきます。


617J8SEgL2L__SL500_AA300_.jpg


記事で書かれてるとおり、1500円セールの紙ジャケで購入したのは全部ライヴ盤でした
1枚目は70年代を代表するプログレッシブ・ロックバンドのエマーソン、レイク&パーマーの「展覧会の絵」

プログレ史に残るライブ盤という声もよく聞くアルバムですが、僕的には

「うーん…言うほどかなあ?」
というのが率直な感想。

特に、「プロムナード」いくらなんでも連発しすぎだろ、という部分が大きく、あまりノレなかった記憶が強い作品です。

「記憶が…」とあるように、今は手元にない状態なのはお察しください…(汗




51BlQSqwOJL__SL500_AA300_.jpg


お次は70年代を代表するひねくれポップミュージック職人にして稀代のワル(by梅宮辰夫)、トッドラングレンの「バック・トゥ・ザ・バーズ(未来への帰還)」

まず「ひねくれポップ」という単語だけでごはん3杯はいける筆者なので、このアルバムもおいしくいただいちゃいましたw

オリジナルではアレンジなど作り込んでいる影響からか、無機質感というかどこか密室感のある聴こえかたを
していた楽曲が多かったですが(それがトッドラングレンの音楽の魅力の一つでもあると思いますが。)
ライブではいい意味で人間らしさや開放感のあるイメージで音が鳴っているのが非常に良かったですね。

また、彼が持っているブラック的、ソウル的な持ち味がボーカルとかにすごく反映されていたのもグッド!でした。




51XA6VSRE0L__SL500_AA300_.jpg

さあ、そして3枚目はこれまた70年代を…70年代を……えー、これといって代表しない(汗
イギリスが誇る4大ロックバンド、キンクスの「ワン・フォー・ザ・ロード」!
キンクスは、1枚目の「リアリー・ガット・ミー」などを聴いていて、音数少ないけど、荒々しくワイルドな演奏・ボーカルが持ち味のバンドかと思っていたのですが、このアルバムでは非常にさわやかなイメージで驚きました。
歌詞の内容はわからないのですが、どの楽曲も粒ぞろいで、入門的な意味で最良の作品だなと思いましたね。



それではまた、1か月後に第3弾でお会いしましょ~

PageTop

ゆーけー音研さん、ごめんなさいね(汗

ログインして自分のプロフィール欄とかコメント欄の設定をチェックしていたんですが、
そのときに「ブロとも」という何かツイッターでいうところのフォローリクエストのような申請をされていたことに気づきました。
あわててメッセージを開いてみると、なんと申請日が一昨年の12月…(おおう…)

俊足で承認させていただきましたが、ブログ主さん、すでにブログだいぶ放置されてるみたいで不義理をしてしまった形に…。

せめてこの場を借りてお詫びさせていただきたいと思います

ごっごめんなさい…!

PageTop

「下宿に帰るときにタワレコで買ったCD」をレビューします

さあ。また恥ずかしげもなくひょっこり帰ってきました、超兵器R1号もといあ~るです
(自分のHN忘れかけてました。。。)

いえ~い!チーズさん、ryoさん、カナさん、その他相互リングさせていただいていたみなさん、お元気ですか~?^_^

というわけでいきなりですが…



20090425150641a28.jpg



落穂ひろいをします!!!!(ビシィッ)

…もちろん、1857年にフランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーによって描かれた油彩作品のほうの落穂ひろいではなく、地面にこぼれ落ちた稲穂を後から拾い上げる様子から、「物事の本筋からこぼれ落ちてしまった重要性の低い些細な事柄を、後から拾い上げて処理する」、と言うような意味で用いられる慣用句のほうの落穂ひろいです。


思えば2008年の2月。「テストです」という、今思えば何のひねりもくそもない記事からスタートし、今年でなんと5年目に突入しているという、無駄に歴史だけはあるこのブログ(人はそれをブランクと呼ぶ)を紐解いていったとき、
「また別記事で語りたいですねwwwww」 
「機会があればじっくりブログに書いてみたいですwwwww」 
「○○をついに手に入れました!やった~うれし~ レビューはまたいずれwwwww」

……と、記事を書くたびに臆面もなくのたまってきたことが幾たびあったかということですよ。

政治家なら、公約違反でとっくに辞任してるレベルですよ。

なので、まずは今までの記事でそういった臆面もない発言の、何年目遅れかの複線回収をできる限りしていこうと思います。

ということで早速1発目。えー日時は2008年の2月28日…って、え?

ブログ初めた最初の月に、すでにマニフェスト反故やらかしちゃってたの、私…

…い、いや~、本当に政治家にならなくてよかったですわ…(自分にドン引き

以下当時の文一部抜粋。

>下宿に帰る時に寄ったタワレコで買ったCD

>スティービー・ワンダー「キー・オブ・ライフ」
>ヒカシュー「ツイン・ベスト」
>ジャコ・パストリアス「ワード・オブ・マウス」
>残像カフェ「センチメンタル」
>マイケル・ジャクソン「スリラー25周年記念盤」
>くるり「図鑑」
>REO今井「FIX NEON」

>僕の下宿先は、あまりレコードショップが少なく、品揃えも良いとは言えないので
>ここぞとばかりに欲しかったもの、目に留まったものを節操なく買いあさってしまいました。
>まだまだこのほかに、全然聞いてないCDが部屋にたまってるので、そろそろ聞いていかないとなあ。
>さすがに部屋に置くCDにも限界があるし、そこは売ったりしてなんとかしないと。

>まあ、今の近況はこんな感じですかねw
>いずれ買ったCDとか聞いてなかったCDのレビューもしたいと思います。ではまた。



「ではまた。」じゃねーよ!!!!
出羽三山か!!!!!!!!!





しかし…どんなラインナップなんだろうこの購入リスト。^^;
早速簡単なレビュー…というか、もう忘却の彼方なCDがほとんどなので、今このCDたちがどうなっているのかという現状だけ簡潔に。

スティービー・ワンダー「キー・オブ・ライフ」
41AFJVJG92L__SL500_AA300_.jpg

まだ所持してますよこれは!なにしろスティービー大好きですから僕!

ただ……未開封です……orz


ヒカシュー「ツイン・ベスト」
41SY403527L__SL500_AA300_.jpg


いや~、まったく売るとかいう選択肢の見当たらないアルバムですねこれは!
ニューウェイブ御三家(テクノ御三家だったっけ?)の中で、最近は平沢進ブレイクのおかげでPモデルが一番もてはやされてると思いますが、僕はだんぜんヒカシュー派なんで!

でも……未開封です……orz orz


ジャコ・パストリアス「ワード・オブ・マウス」
41GD5ETZ9AL__SL500_AA300_.jpg

1stの「ジャコ・パストリアスの肖像」が良くって、その流れで買った2ndだったと思うのですが、ちょっと冗長なナンバーとか、テクニックは確かにすごいんだろうな…でも、いまひとつ突き抜けるフレーズがないというか…みたいな感想を当時抱き、買って1年後くらいに手放してしまいますた。今思うと早計だったかなーと。
昔よりもいろいろな音楽に触れた耳で、もう一度聞きたいアルバム、ですかね。


残像カフェ「センチメンタル」
047affe0.jpg

90年代後半~00年代初頭のカフェミュージックというか、ソフトロックのリバイバルブームみたいなとき、ゲントウキとともに気になる存在として購入したアルバムですが、これもメロディはおしゃれなんだけど、似たイメージの曲が多いなあと感じ、数曲をituneに入れて手放したアルバムですね。
残像カフェの中心人物であるところの大森元気氏は、現在もその界隈では小さくない影響力を持つ人物としていろいろなバンドやプロジェクトに名を連ねているらしいので、このアルバムからどのような変化を遂げているのか、という意味で、今の作品を聞いてみたい気も…(あんまり言うとまた落穂になるので、匂わす程度で留めておく高等戦術)。

マイケル・ジャクソン「スリラー25周年記念盤」
thrillerL.jpg

アルバム自体はすごく最高なんですが、ボーナストラックとして挿入された、楽曲のリミックスやカヴァーバージョンの存在が、僕にとっては「あっても気にならない」を下回る、ものすごいノイズでして…
特に、ウィル・アイ・アムの一連のやつがちょっと…
それに、スリラーに収録された楽曲はすでに持ってた「エッセンシャル・マイケル・ジャクソン」にほぼ入っているということで、当時の金欠事情もあって、泣く泣く手放しました。

しかし!これだけは言っておきたいんですが、どーしょーもない石ころばかりかと思われたボーナストラックの中で、アルバム未収録扱いだったという「for all time」と「got the hot」。
この2曲は、ほんっとーに珠玉の名曲でしたですよ!特に「got the hot」!


くるり「図鑑」
51TM3ZFJX6L.jpg

ファンの間でも評価の高いアルバムということで聞きましたが、轟音オルタナロックサウンドのアプローチがどうにも肌に合わなくて、「アンテナ」とか「ワルツを踊れ」とかが好きなくるりの末席ファンとして、今一つの作品でしたね。こういうくるりが肌に合って、且つまだ聴いていない人が、僕がブックオフに放流したこのアルバムを手に入れて、愛聴してくれていることを祈っています。


REO今井「FIX NEON」
51N+gusCO1L__SL500_AA300_.jpg

でまあ、これがいっちばん記憶の薄いアルバムですね…。
どんな曲調だったのかもほとんど覚えてないので…縁がなかったんでしょうね^^;すいません。


簡単に、ということでしたが意外と長くなりましたね。
ではでは2回目の落穂ひろいでお会いしましょう~

PageTop

「国民の添削」をネットで有名な用語に置きかえてみる

「国民の添削」ってご存知でしょうか

去年国営の「みんなでニホンGO!」という番組で放映してた中で出てきたワードだったんですが,要は

テレビなどで耳にした有名なフレーズを,視聴者(国民)が,無意識のうちに頭の中で自分に都合よく,わかりやすく,意味が伝わりやすく添削してしまう現象を表しているそうです。

その番組の中で出てきた例でいえば

・横井庄吉氏がフィリピンより帰国したときの言葉

正 「はずかしいけれど帰ってきました。」  
一般の記憶 「恥ずかしながら帰ってきました。」


・長嶋茂雄の引退スピーチの言葉 

正 「巨人軍は永久に不滅です。」  
一般の記憶「巨人軍は永遠に不滅です。」


・女子マラソン有森裕子がオリンピックで2度目のメダルを獲得した時の言葉

正 「自分で自分をほめたい」 
一般の記憶 「自分で自分をほめてあげたい」


といった具合です。
僕は放送を観てて「ほへえぇ~」って感心してました。





このように,元のフレーズとはちょと違う。でも,今となってはそちらのほうが本家よりも有名になってしまった。そんな,国民の,いやネット民の添削が行われたフレーズが,ネットではどんなものがあてはまるのか,調べてみました。





・コマンドー編

言わずと知れたネタ映画「コマンドー」の吹き替え版から。

添削後→「いったい何が始まるんです?」「第三次世界大戦だ」

劇中でも屈指の名セリフですが(というかあの映画,名セリフしかない気もしますが),実際にはこんなやりとりになってます。

添削前(正)→ 「何が始まるんです?」「第三次大戦だ」


第三次コマンドー大戦だ



「いったい」と「世界」が添削によって付け加えられたことがわかりますね。





・バイオハザード編

管理人が,ゲーム版も映画版もまともに触れたことがないことで有名なホラーゲームのクラシックですが,そのなかでネット民の添削が行われたのはこちら

添削後→「かゆ うま」

今もいろんなところで見かけるフレーズですが,元のゲームでは1文字多いフレーズでした。

添削前(正)→「かゆい うま」



かゆい うま




僕は最初添削後のフレーズしか知らなかったので「おかゆがおいしいのか。そりゃあ良かったなあ。梅干しを入れるともっと美味しくなるよ。」と勘違いをしていました。





・遊戯王編

ニコニコ動画の黎明期あたりに有名になったフレーズ。そうです。あれです。

添削後→「もうやめて!○○のライフはとっくにゼロよ!」

実際に地上波で放映されたアニメでは,↓のような順番でした。

添削前(正)→「もうやめて遊戯!とっくに羽蛾のライフはゼロよ!」

遊戯の名前と,「とっくに」の順番が入れ替わって,浸透していったということがわかります。しかし,いずれにしても○○にあたる人物のライフはゼロであることに変わりないというのは,なんだかさびしいですね。えへへ



遊戯王バーサーカーソウル








たぶん他にもこういう無意識の言葉の添削が行われてるフレーズというのはあるんでしょうね。
そして今この瞬間にも,アニメ映画ゲーム漫画その他もろもろから新しく生まれたフレーズが,国民の頭の中で添削されて新しいコピペに生まれ変わっているんでしょう。

なんか,いいですよね,そういうのって。





PageTop



……

どうも,こんばんは。
ブログだと,実にほぼ1年ぶりの更新になるわけですね。
いろいろと忙しかったり暇だったりして,結局こんなに間があいてしまいましたよ。

とりあえず,特にいうようなこともないんですが,そうですね…ああ,ドラフト,今年も盛り上がりましたね。
菅野君が日ハムに指名されたとき,正直「他人の不幸で飯がうまいっ!」という感覚をいやしくも感じてしまったことは否めなかったですが,冷静に考えると,かわいそうですね。
ただ,なんjとかで活発に議論されてるように,当たり前のように「巨人に行くんだ」というように囲い込みめいた事をしていた巨人も巨人というか,原さんも原さんな気もします。
指名直後の記者会見はまだしも,その後の続報とか聞いてる限りだと,やはり拒否の方向に行きそうですね。
ただ,僕は菅野君の投球は来年からでも見てみたいですよ。
拒否の方向に行くだろうけど。
観て,しびれて,活躍してもらいたい,ですよね。




だが副貫,テメーはダメだ。


あとは何でしょう。
そうだ,先週ごろ,「天元突破グレンラガン」以来,徹夜してのアニメ一気観を,「シュタインズ・ゲート」で行いました。死ぬほど疲れて,死ぬほど面白かったです。
オカリンかっこいいよオカリン

先日あたりに,舞台であるところの秋葉原はラジオ会館で,世界戦移動イベント行われてて,ツイッター上で写真や実況見ててすごいうらやましかったですね。でも,このタイミングでアニメ観てたからこそここまでのめりこめたので,もううらやましがることができた時点でおk!という感じでもありました。
来年公開予定の劇場版への期待を糧に,今年の残りの時間を過ごしていきたいなと思いますよ。



こんな感じでちょこちょこひとりごとのように文字を書き連ねていこう。よし。

それでは。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。