オタクはソレを我慢できない

CD、映画、小説、漫画の感想など、マイペースにやっていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

セールで買ったCDその1 「RY COODER FIRST」

今日はだいぶ前のCDセールで買ったCDを紹介しようかと思います。
『ライ・クーダー・ファースト』というアルバムで、セールのスタッフの人に「なにかオススメありますか?」と聞いて、いくつか勧めてもらったアルバムの中から選んで買ったものです。


801810.jpg


スライドギターの名手として知られるライ・クーダー
セッションミュージシャンとして活動していた彼のソロ・デビュー作がこのアルバムです。
内容は、もちろん最高!「スライドギターの名手」の異名どうり、
全編にわたってかっこいいスライドギターを聴かせてくれてます。
1曲目の「アリモニー)や5曲目の「オールド・ケンタッキー」とか、カントリー特有のアコースティックなサウンドの中にもポップさがあったり、他にも南部ロック、ブルース的なナンバーもあってバラエティに富んでいて、飽きずに聴くことが出来ました^^


このアルバム、実はライ・クーダー自信のオリジナルの曲は入ってなく
30,40年代に歌われていた曲を収録したカヴァー集だそうです。
デビュー作でですよ?なかなか渋いことしますよね~


しかし聴いてみるとその昔の曲も、ちゃんと今風(リリース当時の70年代風)の曲として聴こえるんですよね。
「古い音楽にも生きた生命を感じる」とは解説の中の本人の弁ですが
まさにその言葉通り、古さを感じさせない生きた音楽になっているとこがすごいなと思いましたね。


実は今まではカントリー系の音楽は超苦手だったんです(苦笑)
「アンクル・チャーリーと~」とかね。
でもこのアルバムは不思議と(失礼!)良かったですね~。
カントリーだけじゃなくて、南部ロックとか他の音楽の要素も入っていたからかもしれませんがw。
とにかく『ライクーダー・ファースト』、買って大正解の良アルバムでした。

次は2ndの「紫の峡谷」を聴いてみようかな~と思います。
いや~またアルバム買うミュージシャンが増えちゃったな~(苦笑)




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。