オタクはソレを我慢できない

CD、映画、小説、漫画の感想など、マイペースにやっていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

上京物語2

僕は飛行機で旅行した事がほとんどなく、今回の旅の鬼門だと思っていたんだけど
意外とすんなりクリアする事ができ、少し浮き足立っていた。
次はモノレール、電車を乗り継いで親戚の家のある武蔵小金井というとこまで
たどり着かなくてはいけない。

昔「藍より青し」というアニメがあって、当時中学生だったぼくはそれを夜中
家族が寝静まった時間にポータブルのテレビでアンテナをいじりつつ見ていたのだが
その1話で主人公の女の子が東京の駅が複雑で、迷ってしまうという描写があったのを
僕はふいに思い出していた。が、


ふふふ・・・しかし俺は葵ちゃんとは違うぜ!

とばかりに取り出したるは携帯電話!
いやーこういうときにこそ、持つべきものは文明の利器ですな。
ピッポッパってな感じで親戚の家へ電話する俺。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・えーっと・・・・・









花菱くーーーーん!どこおーーーー!?





・・・結局自力でなんとか武蔵小金井駅までたどり着くも
所要時間なんと3時間ですよ奥さん!

後で聞いたら、浜松町から新宿、武蔵小金井と乗り継いでいくより
東京にいってから中央線の快速で行ったほうが早いんだってね。
まあ直接の原因は俺が間違えてその手前の東小金井で降りて
1時間くらい気付かずに親戚の家を探し回ってた事なんだけどね・・・

教訓:現実には花菱君はいない、むしろ駅員さんを花菱君と思え!

いやーやっぱり照れもあるけど、僕のような田舎者が東京のお方のお手を煩わすなんて・・・
という田舎特有の東京の人に対するコンプレックスの裏返しの卑屈精神
ちょっと邪魔をしちゃってなかなかね・・・聞けないよね気軽には・・・


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。