オタクはソレを我慢できない

CD、映画、小説、漫画の感想など、マイペースにやっていきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

熱い熱いお茶を飲み…

ぽつりぽつり話しかける…相手はいない(泣


今しがた起きて、お茶が切れてることに気付いて、あわてて作ったところです。
僕はお茶大好き人間で、いつもお茶でのどを潤さないと落ち着かないくらいなんです。
たぶん、1日に2リットルくらいは飲んでると思います。
基本冷めてから飲むんですが、たまには出来立ての熱ーいのもいいですね。

ちなみにタイトルの元ネタは佐々木幸男さんの「君は風」という歌の一節から来てます。
すごい良い曲なので機会があれば聴いてみて下さい。

スポンサーサイト

PageTop

良心を鍛えてるんだ

「ダークマン」という映画を見ました。

監督は「スパイダーマン」シリーズで有名なサム・ライミ。
ジャンルで言えば…ヒーローものに入るんですかね。まあ見まして。

普通のヒーローものと違って主人公がすごいパワーで悪人をばったばったと
倒していくという感じの話ではない所が新鮮でした。
主人公も正義感からではなく、あくまで復讐のために動くところも人間臭さがあったのもリアルでした。
主人公の武器(といえるかどうか微妙ですが)の研究シーンや、ヘリでのアクションシーンなど見所もたくさんあり、面白い映画でした。
全体的にシリアスなストーリーなのに、所々笑ってしまうようなシーンがあるのは
いかにもサム・ライミ監督ぽかったですね。

たぶん低予算で作られた映画だと思うんですが、それを感じさせないくらい
カメラワークや演出が凝ってるので、最後まで飽きることなく見れました(時間も95分と短い)。

ラストに、サム・ライミの映画のファンなら「あっ」と驚くようなサービスショットがあるのですが
それを理解するためにも、「ダークマン」以前のサム・ライミ作品を先に見ておいたほうがいいかもしれません。

いずれにせよ「ダークマン」、おすすめです。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。